知り合いの離婚話を聞いて考えさせられたこと

結婚生活を長い間送っていると、さまざまな理由によって、一度ぐらいは離婚の危機に直面したことがあるのではないでしょうか。
そういう私も、つまらないことで言い争いとなって、離婚しそうになった経験があります。でも、経済的なことや子どものことを考えると、踏みとどまってしまいがちですよね。それに、後から冷静になって考えてみると、なんであんなことで離婚しようと思ってしまったのか不思議に感じることもあるのではないでしょうか。

実はつい最近、知り合いが離婚することを決断したので、簡単にご紹介しますね。
その知り合いというのは、国際結婚をしていて海外に住んでいます。子どもは4人もいて乳飲み子もいます。

ご両親の反対を押し切って駆け落ち同然で国際結婚をしたばかりの頃は、海外のある都市に住んでいました。その都市には日本人もたくさん住んでいて、日本の食材も簡単に手に入ったそうです。
ある日、ご主人のお父さんが亡くなったので、お母さんの面倒を見るために仕事も辞めて、実家のほうに家族ぐるみで引っ越したんだそうです。

引っ越した先はというと、とんでもない田舎だったそうです。日本人どころか外国人すら住んでいないという状況で、都会生まれの都会育ちの知り合いはかなり困惑したそうです。
しかも知り合いのご主人が仕事を辞めていたため、夫婦共々新しい仕事を探さなければいけません。でも、田舎ということもあって、仕事がなかなか見つからず、結局のところ生活保護を受けることになったんだそうです。

そんなときに、ささいなことから夫婦喧嘩となり、知り合いはご主人のことがまったく信じられなくなってしまったんだそうです。経済的なことも子どものこともあるので、一度は離婚を踏みとどまったんだそうですが、ご主人と同じ家にいて同じ空気を吸うことですら我慢できなくなってしまい、離婚を決意したんだそうです。

愛情はお金では買えないのは事実です。しかしながら、いくら愛情があったとしてもお金がなければ生活できなくなり、愛情もなくなってしまうものなのだろうかと、知り合いからの離婚話を聞いてとても複雑な気持ちになりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>